2019年3月20日水曜日

15の春 その2

2年前に「15の春」という日誌を書いた。
自分が15才の頃、どんなだったかを書き出していて、
好きな音楽、手に入れたギター、高校進学。。。
淡い青春の思い出、といってしまえばなんだか陳腐だが、
一言で言えば「自我の目覚め」だったのだろう。

春休みは夢中でギターを弾いて練習をしていた。
あとはラジオやレコードを聴いて、ひたすら自分の時間を満喫していた。
今とやってることがほとんど変わらないが、自分の原点がそこにあったのだ。

一緒に高校を受けたギター仲間の友人は残念な結果だったので、
会うのにどうしたら良いか困惑もしたが、家に遊びに行って一緒にギターを弾いていたら、
そんなことを忘れて夢中になっていた。
彼とはその後大学も東京だったのでずっとつるんでいたが、
今は名古屋でよき父として一生懸命やっている。
そして今も無二の親友だったりする。

同じく、一緒の高校の美術科を受けて、やはり残念な結果になった友人が、
春休みのある日、岐阜の繁華街をリュックサック背負って歩いていたので声をかけた。
なんでも親と喧嘩して家出することにした、という。
喫茶店だかファーストフードのお店に入り、
行く宛なんて無いんだから、諦めずに好きなことやりゃいいじゃん、
みたいな話をした記憶がある。
その友人は今はアーティストとして大活躍をしている。

色々な選択肢が人生の中には無数にあって、常に人は何かを選んでいるのだけど、
15の春というのはその中でも大きな岐路に立つ時なのかもしれない。
そしてある日振り返った時、
自分は良い選択をしたな、と思えれば良いのだ。

下の娘は、なかなかいつも鋭い視点をもち、良い選択をしているように思う。
娘よ卒業おめでとう。

2019年3月18日月曜日

ORITO SOUL REVIEW 2019に向けてリハーサル

今夜はORITO SOUL REVIEWに向けてFREEFUNKバンドリハ。
実は今年初めてのリハだった。

今回はキーボードに大迫杏子ちゃんが本当に久しぶりに参加してくれる。
かれこれ13、4年前に杏子ちゃんには大変よく助けてもらった。
何を隠そう、ORITOさんとFREEFUNKで出演したNHK FMのラジオ特番「ライブ・ザ・ソウルミュージック」では、
杏子ちゃんがキーボードを弾いてくれている。
また、その後しばらく横浜の長者町FRIDAYにも時折出演していたのだが、その時も杏子ちゃんにかなり参加してもらった。
2005年だったかに上野の野外音楽堂でイベント「大宇宙音楽祭」を主催したときも、
Mei-Meちゃんのゴスペルライブでも大活躍してもらったし、FREEFUNKにも参加をしてもらいSammy&杏子のダブルキーボードという
豪華な編成でライブもやったりした。

そんなわけで、ORITOさんとも繋がりが深くあり、FREEFUNKの一員としても活躍をしてくれたので、
今回一緒に演奏する機会を作れたのは嬉しい。

早いものでもう今週の23日、土曜日の開催となる。
セットリストも出揃い、フレッシュで最前線で活躍をする皆さんと共に、
久しぶりのFREEFUNKセットでのライブをしっかりとお届けしたいと思っている。

少しでも多くの皆さんにこの素晴らしいソウルレビューを体感していただきたいので、
迷っている皆さんは是非チケットをゲットして渋谷Duoで会いましょう!
Want 2 C U!!

2019年3月11日月曜日

忘れない記憶

仕事柄、日本全国の都市にいくことが多い。
札幌、大阪、福岡あたりはインバウンドの影響でものすごい外国人観光客だ。
大半は中国や韓国のようで、すごい賑わいをみせている。

東京はもちろん最大限の恩恵を受けているし、いよいよ来年に迫ったオリンピック・パラリンピックに向けて
どこか浮わついた雰囲気も感じる。
もっとはっきり言えば好景気ではしゃいでいるというべきか。

数年前だが、福島はじめとして東北地方を仕事で回ったが、
残念ながらこれらの地域にインバウンドや好景気の波が訪れているようには感じなかった。
むしろ、落ち着いていて、ほっとしたような、どこか寂しいような。

8年目の3月11日だが、復興もまだまだ道半ば。
いまだに5万人近い人が避難生活をしているという。
その多くは福島の原発事故によって、故郷に戻れない人たちだ。

「原発で死んだ人間はいない」などと宣った政治家もいたが、
「原発で故郷を追われ、仕事を失った」、つまり経済的な生命の危機に直面したり困窮している人が
これだけ多くいることを、忘れてはいけない。
好景気というならば、復興のスピードもあげていってほしい。

そういえば、自分の子供達と震災のことを話したら、子供達も覚えていた。
8年前はまだ7、8歳で、あの日は小学校の学童保育で預けられて友達と遊んでいたのだが、
すごく揺れて、先生に集められたのを覚えているらしい。

淡い記憶かもしれないが、大人たちと同じように、
あの時の子供達の記憶もずっと、忘れない記憶として残っていくのだろうと感じた。




2019年3月9日土曜日

Radio

前にも書いたこともあるが、ラジオを聴くのが好きだ。
十代の頃は、そうそう気安くレコードやCDは買えなかったから、
ラジオが新しい音楽や未知の音楽に触れる貴重なメディアだった。
現代の若い子たちにとってのYouTubeみたいなものだと思う。

一時期はラジオを聴くことから離れてしまっていたけど、
スマホの時代になりアプリで気軽にラジオが聴けて、
しかもタイムフリー機能で、聞き逃した番組も聴くことができる。
これは素晴らしい!

音楽プレイヤーやカメラ、メールなんかを除いたら、一番使用率が高いアプリかもしれない。

自分がお気に入りの番組はこんな感じ。

NHK FM
ザ・ソウルミュージック公式サイト
今年で20年を迎える長寿番組。
過去3度ほどライブ特番に出演もさせてもらった。
ソウルミュージックを聴くなら、まずはこの番組をチェックしなくては。

TOKYO FM
山下達郎のSunday Songbook公式サイト
こちらも長寿番組。達郎さんの喋りとマニアックな選曲が最高に楽しい。

Inter FM
バラカン・ビート公式サイト
ピーター・バラカンさんがナビゲートする2時間の音楽番組。
ロックやソウル、ワールドミュージックなど選曲の幅が広いけど、バラカンさんならではのチョイスで
どれを聴いてても心地よい。面白い音楽に出会うならこれ。

Inter FM
細野晴臣 Daisy Holiday!公式サイト
日本のミュージックシーンの巨匠、細野さんがMCの番組。
ボソボソと喋る感じがまたいい。
かなりの確率で水原希子とかゲストで出演してて、その時の細野さんがちょっとデレデレしてるのがまた良い!

FM YOKOHAMA
HONMOKU RED HOT STREET公式サイト
尊敬するCRAZY KEN BAND横山剣さんの番組。
これもまたいろんな音楽がかかるんだけど剣さんならではのチョイスで素晴らしい!

他にも朝はNHKの番組聴いてたり・・・。
通勤の時はかなりの確率でラジオを聴いている日々だ。

2019年3月4日月曜日

春はもう少し

3月になった。
春はもうあと少し、というところかな。

永らく冬眠中のFREEFUNKは3月23日のORITO SOUL REVIEWから活動再開。
4月にはYoSUKEたちと例年開催しているPrinceトリビュート「Purple Night」も。
その前後にもいくつか録音を予定しているので、
春に向けていよいよ準備というところ。

春の音楽といえば日本だと卒業や桜、がモチーフになることが多い。
自分が大好きなのはラムゼイ・ルイスのこのアルバム。
そのタイトルも「The Sounds Of Spring」。
春の音。
そのまんまだけど、聴いてて気持ちが弾むような、そんないいアルバム。

アルバム全体が「春」がコンセプトでどの曲も素晴らしい。



ラムゼイの春シリーズで極め付けの1曲は、のちにリリースされるLove Notesの「Spring High」だけど、
このSpringはどちらかといえばバネのほうのイメージなのかな。
でも春になると聴きたくなる。



さて、ライブの頃には桜が咲いているかな??

2019年2月17日日曜日

映画「ノーザン・ソウル」を観た

話題の映画「ノーザン・ソウル」を吉祥寺のUplinkで観てきた。
最高にかっこいいソウルミュージックと、閉塞感の中に生きる若者たちが描かれていて
素晴らしかった。

なんというか、英国っぽい映画だなと思った。
ハリウッド映画のように大きなサクセスを掴むわけでも、ハッピーエンドになるわけでもない。
でも最後には、音楽に希望を感じられる。
ほんの少しの希望かもしれないけど、それが却ってリアルで素晴らしかった。

英国経由のクラブミュージック文化の原点ともいえるスタイルだけど、
正直言ってノーザン・ソウルは謎に満ちていた。
日本でもモッズ〜レアグルーヴの流れからノーザン・ソウルにたどり着く人は結構いたんじゃないだろうか。
ただ、何がノーザン・ソウルなのか解説や講釈を聞いても今ひとつわからなかったので、
なるほどこういうものなのか、と感じた。

ケブ・ダージのDeep Funkや、モダンソウルのムーブメントもノーザン・ソウルが源流になっているので、
そういう意味では現在のクラブミュージックの流れにも脈々と繋がっている。

それにしても劇中流れるソウルミュージックの素晴らしいこと!
これはサウンドトラック盤、是非聴かねば!








2019年1月25日金曜日

ORITO SOUL REVIEW 2019開催決定!

今年もまたORITOさんの魂(SOUL)と触れ合うときがやってきた。
3月23日、渋谷duo Music ExchangeにてORITO SOUL REVIEW 2019開催決定。

久しぶりにFREEFUNKで今回は参加をさせてもらうことになった。
2008年の開催、2010年のJirokichi 高円寺での復活以降、毎年続けられているイベントだが、
それでも毎回試行錯誤の繰り返しだったりする。

また、イベントを続けるうえでいろいろ課題や乗り越えなくてはいけないことも多々あるが、
人数も多くセット転換やいろいろな準備も大変にも関わらず、バンドでの出演を受け入れてくれた
ORITO SOULの実行チームの皆さんには本当に感謝を申し上げたい。
と同時に、最高のパフォーマンスをお届けできるよう頑張らないと、と感じている。

今回出演となるシンガー、アーティストも本当に素晴らしい。

Hanah Spring、竹本健一のお二人は初登場となるが実力、実績ともに素晴らしい。
Hanahさんは少し前のオーサカ=モノレールがMartha Highを呼んだライブでオープニングで登場していた。
竹本さんは何度かORITO SOULの打ち上げでもお会いしていたが、一番最初に彼を見たのは東芝EMIがやっていたコンベンションに
Phonesというバンドでデビューをするときのショーケースライブ。
リズム隊と歌だけという変則的なバンドだったが、素晴らしい歌声に驚いたのをよく覚えている。

多和田えみちゃん、JAY'EDくんは久しぶりにご一緒できるということで、
どんな曲を歌ってくれるか楽しみだ。

フレッシュだが実力・実績ともに申し分ないシンガーの皆さんの登場で、
こういったソウルレビューはなかなか他にないのではないかな?
ふだんFREEFUNKのライブに来てくれる皆さんにも、このライブは是非見てもらいたい。
日本におけるソウルミュージックラバーたちの現在、そして未来を体感できる夜となるはずだから。

チケットは2月2日より発売。
多くの皆さんと会えるのを楽しみにしてます!



詳細はこちら!

2019年1月15日火曜日

Make It With You

先日のキンムギーズのライブで演奏した「Make It With You」
オリジナルは白人バンドのBreadで、これが1970年6月に大ヒットしたんだけど、その後多くのアーティストにカバーされている。
とりわけソウルミュージック、R&B方面ではある意味スタンダード化していて、それぞれのバージョン、アレンジに工夫や解釈があって面白い。

この時代はロック・ポップスとソウルミュージックの交差・融合が盛んになった時代で、
キャロル・キングの「You've Got A Friend」や「It's Too Late」
クロスビー・スティルス&ナッシュの「Love The One You're With」のように
ソウルミュージックの定番曲の一つになっている。

まずは定番のアリサ・フランクリン。
伝説の1971年、フィルモアウェストでのライブ映像より。


ほぼ同じ時期にシュープリームズもカバーをしている。1971年の作品。


リリースが1970年というから、もっとも早くカバーしたアーティストかもしれないのが、
The Main Ingredient。
割と原曲に忠実な感じもする。


アース・ウインド&ファイアも初期にカバーをしていて、これも素晴らしい。
この当時にはすでに定番化していたといえる。


のちにフィリップ・ベイリーはソロで再カバー。
アダルトな、ベッドタイムミュージック的な仕上がりで、これも素晴らしい。
1999年の作品。


テディ・ペンダーグラスもカバー。
フィリップのファルセットに対して、テディの低く太いテナーボイスも魅力的。


対してウィスパーズは時代の流れか、1977年にとてもダンサブル、ディスコ的にアレンジしてカバー。
こういう風にいろんなアレンジに耐えうるってのもスタンダード化の要件かもしれない。


ソウルミュージック界隈でヒット、定番となるとジャズ方面からのカバーも増えてくるのが自然な流れ。
ルー・ドナルドソンのこのカバーもめちゃ気持ちいい。


そして当然?のようにレゲエでもカバーされる。
キャロル・トンプソンとシュガー・マイノットのデュエットによるカバー。


最後に、キンムギーズでのライブで参考にしたのは大好きなミーターズのカバー。
彼らはこの曲をスタジオ録音は発表していなくて、後年リリースされたライブアルバムに収録されているが、
他のライブ音源でもカバーをしているので、ライブの定番レパートリーだったと思われる。


素晴らしい名曲でスタンダードなので、また歌いたいと思う。
そして是非若い人たちにも是非演奏、歌ってみてほしい。
様々な解釈ができるし、男女問わずカバーできる曲なので。



2019年1月14日月曜日

キンムギーズ Live

昨夜は渋谷nobにてキンムギーズでライブ。
とても盛りあがり、最高の夜だった。

少し前の10日に同じくnobでヨースケとヨッシーホストの定例セッションがあり、
Mimiさんがくるというので顔を出したのだが、これまた最高に楽しいセッションだった。
Mimiさんの繋がりで来日中?のマイケルも参加し、また初めて一緒に演奏したけどアダムやザンドラも居て、
なんだかインターナショナルなプレイヤーたちと盛り上がり、
本当は早めに切り上げるつもりだったのに、思いがけず夜遅くまで残ってしまった。
Mimiさんのピアノで「Killing Me Softly」をセッション、とか考えてみたらとても贅沢!

その良い流れを組んでのキンムギーズのライブ。
今回は選曲も70年代ソウル、ファンク、ロックに特化したのも良かったと思う。
単なるカバーバンドじゃなくて、こだわりをもった選曲になった。
涼さんをフィーチャーしたサンタナの「哀愁のヨーロッパ」や、佑介くんをフィーチャーした「Pick Up The Pieces」なんかも
全体のセットリストの中でスパイスになってて良かった!

共演のHay Amorもさすが!熱海でやったら一晩で100マン稼げるなんて声もあがっていたが、
ほんと良い意味での大衆芸能というか、スナックをトッシーはやったらすごい流行ると思うよ!
本家ギタリスト、涼さんを迎えてのマッチメドレーにはちょっとグッときた。
なんで、いつか俊ちゃんの「ハッとしてグー」を演奏したいと思った!

終わった後のセッションも盛り上がり、お客様もみなさん楽しんでいただけたようなので、
また是非やろう!

2019/01/13
キンムギーズ Live at nob, Shibuya

setlist

01. Sir Duke [Stevie Wonder] YoSUKEKID
02. Play That Funky Music [Wild Cherry] Freefunk艦長
03. Make It With You [The Meters] Freefunk艦長
04. You've Got A Friend [Donny Hathaway] YoSUKEKID & Yuri
05. Europa[Santana] featuring 小林涼 on guitar
06. You're The Sunshine Of My Life [Stevie Wonder] YoSUKEKID
07. That Lady [The Isley Brothers] Freefunk艦長
08. Pick Up The Pieces [Average White Band] featuring Yusuke on sax
09. Honky Tonk Women The Rolling Stones /The Meters version] Freefunk艦長
10. Stand! [Sly & The Family Stone] YoSUKEKID
〜encore〜
11. You're So Beautiful [Billy Preston] YoSUKEKID
12. Hey Pocky-a-way [The Meters] Freefunk艦長 featring Hay Amor

キンムギーズ
YoSUKEKID (vocal, keyboard)
Freefunk艦長 (vocal, guitar)
小林涼 (guitar)
荒木佑介 (saxphone, vocal)
Yuri (bass, vocal)
大塚あい (drums)



2019年1月7日月曜日

Hello, It's a New Year

2019年が幕をあけた。
今年はどんな年になるだろうか?

公私ともに忙しいことは色々な予定ですでにわかっている。
あたりまえのことだけど健康に気をつけて、乗り切っていこう。

世界も激しく動いている。

音楽の世界では、1969年というロックやジャズの激動の年から50年後なので、
きっと色々な企画やリリースがあるんじゃないかと期待。
ざっとあげるだけでも
ビートルズ「Abbey Road」
ストーンズの「Let It Bleed」
マイルスの「Bitches Brew」
スライの「Stand!」
などなど。

年末年始は結局31日から1月2日までの3日間だけ休みだったので、
ちょっと短めだが、それでもゆっくりと出来たし、
近所の神社に初詣にいったり、最寄駅のデパートのセールをちらっとのぞいたぐらいで、
ほぼ、家でゆっくりと美味しいお酒とご飯で過ごしてた。



↓美味しいスパークリングワインと、美味しい食べ物。最高。



テレビは「孤独のグルメ」が京都・名古屋編で面白かった。

あとは何といっても紅白歌合戦。中盤からの流れは素晴らしかったように思う。
個人的にグッと来たのはMISIAの「包み込むように」、椎名林檎と宮本浩次のデュエット。
そしてラストのサザンにユーミン飛び入り、の流れ。
ユーミンもバックのミュージシャンの皆さんが最高すぎて、さすが紅白!と思った。
娘の好きな米津玄師もすごく良かった。現在の音楽シーンを牽引する若手の最前線がちゃんと評価されていたし、
気がつけばSuperflyやMISIAなどが実力派として支えていて、とてもバランスが良かったと思う。

今年の抱負としては、
兎にも角にも健康第一!
そして曲を作りまくるぞ、と。
FREEFUNKはとりわけ新しい曲を続々と作っているので、アルバム2枚分ぐらい作りたい勢いだ。

今年は前半はライブは少し抑えめだが、まずは1月13日には渋谷nobでキンムギーズでのライブ&セッション。
今回は70年代ソウル、ファンク、ロックに絞った選曲でかなり面白いことになりそう。
是非みなさん観に来てね。



nob企画バンド「キンムギーズ!」。
年明け1発目のライブイベントです!
今回も前回好評だったHay Amor(アイアモール)が対バンですよ!
キンムギーズ!、アイアモール、2組の共演をどうぞお楽しみに!!

※ライブ終了後はセッションタイムです!奮ってご参加ください!!

【キンムギーズ!】
YoSUKEKID(Vo. Key)
小林涼(Gt)
Yuri(Ba)
大塚あい(Dr)
荒木佑介(Sax)
FREEFUNK艦長(Gt. Vo)

【Hay Amor】
tossy(Vo)
you-ta(Key)

日時 1/13(sun)
時間 open 18:30 start 19:00
料金 ¥3,000(+1drink order)
会場 shibuya nob
https://shibuya-nob.com/

お問い合わせはinfo@shibuya-nob.comまでよろしくお願い致します。