2018年7月12日木曜日

夏の始まり

梅雨が異常なほど早く終わり、夏が始まったところだが、
先週末のひどい豪雨。
西日本では多くの犠牲者や被災者が出てしまって大変なことになっている。
友人知人も住んでいるエリアだし、胸が痛む。

この夏の始まりは、あまりに波乱に満ちている。

7月21日だから、もう来週の話だが
サイモンガー・モバイルとの対バンライブを新宿Golden Eggで行う。
ガッチリと2組だけというのは珍しいかもしれない。
サイモンガー・モバイルとFREEFUNKのライブもたっぷりと楽しんでもらい、
波乱に満ちた夏を乗り切ってもらえたら嬉しい。

予告どおり、またしてもFREEFUNKは新曲を投入予定。
これで今年に入り4曲。
手持ちの曲でまだ未完成のものも、夏が終わる前に完成させてお披露目をしたいし、
構想だけはある曲もいくつかある。

急なイベント出演などあれば別だが、
今のところ、次にFREEFUNKのライブをお届けできるのは秋深まる頃、の予定なので
どうぞお見逃しなく。

【07/21/2018】
FREEFUNK vs サイモンガー・モバイル Live
at Golden Egg, Shinjuku

doors open 7:00pm
show start 7:30pm
charge 2,000yen + 1drink


2018年7月3日火曜日

キンムギーズLive

日曜は渋谷nobにてキンムギーズのライブ。
前回はゲストだったけど、今回から正規雇用してもらったので、全曲参加だった。
ライブ後のセッションも楽しい夜だった。

キンムギーズの面白いところは、ジャニーズのV6じゃないけど、
平成生まれの若手3人と、オジサン3人のミックスってとこだろうか。
もちろん自分は紛れもなくオジサンチーム。
ただしその中じゃ一番若いけど、そんなの僅差。

若手の二人が女性でリズム隊ってのも面白い。
Yuriちゃんのベースは何だか泥臭くていいし、
あいちゃんのドラムは師匠の三浦さん仕込みで、いいグルーヴ出てる。
ユースケくんのフレッシュさは完全にオジサンたちが失ってしまったものだ。
しかし涼さんのギターはかっこいいし、ヨースケもDanny HathawayやBilly Prestonのカバー
実に素晴らしい。

そんなわけで、ソウルやファンクのカバー、
時折ロックも交えてのカバーライブで、実に楽しかった。

今回自分が歌った曲で、すっかりご満悦なのは
「永遠にアムロ」のカバーだ。
子供の頃、何度と(再放送で)見たガンダムのエンディングテーマ。
あの頃のアニメソングって、エンディングテーマがいい曲だったりするのが多い。
少し時代は前になるけど、デビルマンとか、初代ルパン三世のアニメとか。
「一休さん」もいい曲だったな。

「永遠にアムロ」はこのバンド編成にハマる曲だと思ってやってみたが、
バッチリだった。そしてやってみたかったアムロ〜、のコール&レスポンスもお客さんにお付き合いいただき感謝。

こうなると、次はやはり「哀戦士」をカバーしたくなるなあ。
あの映画は最高だった。。。。

なんてアニメの話になっていっちゃうので、それはまた別の機会に。

↓キンムギーズの面々と。次回は秋ぐらい?

キンムギーズLive&Sessionありがとう!またやりましょう!

FREEFUNK艦長 Captain Freefunkさん(@freefunk)がシェアした投稿 -




2018年6月27日水曜日

New Songs

先日の新宿ゴールデンエッグでのFunk Explosionライブで、
2曲、新曲を演奏した。
1曲はずいぶん前、それこそ4枚目のアルバム「The Return Of Funkaphonics」を制作していたときに作ったデモで、
ベースは遊佐っち、鍵盤(クラビ)はSammyが録音というところまでやったものだ。
歌詞もなく、イメージをそのまま保存していたような状態だったが、気に入っている曲だったので
いつか形にしたいとおもっていた。
そして最近、歌詞が閃いて出来たのが
「P-Funkって・・・何だ!?」という曲。

わかる人にはわかるが、このタイトルはロジャー・トラウトマンのソロアルバムの邦題からだ。
原題は「MANY FACETS OF ROGER」。
最高のファンクアルバムなのだが、この「P-Funkって・・・何だ!?」という根源的な問いかけに、
答えを用意した、そんな曲になった。

もう1曲は「レコード」って曲。
ストレートなタイトルだけど、十代の頃、初めてレコードを買ったり探したりしたときの
ドキドキ感を歌いたかった。
また曲中には大好きなミュージシャンの名前も色々と出てくる(ここにもP-Funkは登場する)。
インターネットもSNSもなかった時代。
ラジオや雑誌のわずかな情報と、レコードの帯に書かれた売り文句。
それぐらいが頼りだった中で、1枚数千円のレコードを買うというスリル。
今じゃApple MusicやSpotifyで何でも聴き放題だけど、
そうやってレコード屋で音楽を探すのも、また楽しいよって歌だ。

はっきり言って先日の演奏はまだまだ。
理想には程遠い。
デモはしっかり作り込むが、バンドメンバーがこれらの曲を腑に落ちるまで演奏しないことには、
自分たちの曲を演奏してる感覚になれないだろう。
でも演奏するごとにものにできるよう、しっかり練習とライブをやろうと思う。

さて、まだ演奏をしていない新曲が色々ある。
次回の7月のFREEFUNKライブでも、新曲を投入しようと思っている。
1曲明確にデモを完成させているのは、毎年訪れている石巻でのOre-Fesのことを歌った曲だ。
これは秋に石巻に行くまでにはクオリティをあげていきたいし、できれば録音までこぎつけたいところだ。。。

【次回FREEFUNKライブ】
7月21日
新宿GOLDEN EGG
FREEFUNK / サイモンガー・モバイル Live

Door Open 19:00
Show Start 19:30
Charge 2,000yen +order