2019年1月15日火曜日

Make It With You

先日のキンムギーズのライブで演奏した「Make It With You」
オリジナルは白人バンドのBreadで、これが1970年6月に大ヒットしたんだけど、その後多くのアーティストにカバーされている。
とりわけソウルミュージック、R&B方面ではある意味スタンダード化していて、それぞれのバージョン、アレンジに工夫や解釈があって面白い。

この時代はロック・ポップスとソウルミュージックの交差・融合が盛んになった時代で、
キャロル・キングの「You've Got A Friend」や「It's Too Late」
クロスビー・スティルス&ナッシュの「Love The One You're With」のように
ソウルミュージックの定番曲の一つになっている。

まずは定番のアリサ・フランクリン。
伝説の1971年、フィルモアウェストでのライブ映像より。


ほぼ同じ時期にシュープリームズもカバーをしている。1971年の作品。


リリースが1970年というから、もっとも早くカバーしたアーティストかもしれないのが、
The Main Ingredient。
割と原曲に忠実な感じもする。


アース・ウインド&ファイアも初期にカバーをしていて、これも素晴らしい。
この当時にはすでに定番化していたといえる。


のちにフィリップ・ベイリーはソロで再カバー。
アダルトな、ベッドタイムミュージック的な仕上がりで、これも素晴らしい。
1999年の作品。


テディ・ペンダーグラスもカバー。
フィリップのファルセットに対して、テディの低く太いテナーボイスも魅力的。


対してウィスパーズは時代の流れか、1977年にとてもダンサブル、ディスコ的にアレンジしてカバー。
こういう風にいろんなアレンジに耐えうるってのもスタンダード化の要件かもしれない。


ソウルミュージック界隈でヒット、定番となるとジャズ方面からのカバーも増えてくるのが自然な流れ。
ルー・ドナルドソンのこのカバーもめちゃ気持ちいい。


そして当然?のようにレゲエでもカバーされる。
キャロル・トンプソンとシュガー・マイノットのデュエットによるカバー。


最後に、キンムギーズでのライブで参考にしたのは大好きなミーターズのカバー。
彼らはこの曲をスタジオ録音は発表していなくて、後年リリースされたライブアルバムに収録されているが、
他のライブ音源でもカバーをしているので、ライブの定番レパートリーだったと思われる。


素晴らしい名曲でスタンダードなので、また歌いたいと思う。
そして是非若い人たちにも是非演奏、歌ってみてほしい。
様々な解釈ができるし、男女問わずカバーできる曲なので。



2019年1月14日月曜日

キンムギーズ Live

昨夜は渋谷nobにてキンムギーズでライブ。
とても盛りあがり、最高の夜だった。

少し前の10日に同じくnobでヨースケとヨッシーホストの定例セッションがあり、
Mimiさんがくるというので顔を出したのだが、これまた最高に楽しいセッションだった。
Mimiさんの繋がりで来日中?のマイケルも参加し、また初めて一緒に演奏したけどアダムやザンドラも居て、
なんだかインターナショナルなプレイヤーたちと盛り上がり、
本当は早めに切り上げるつもりだったのに、思いがけず夜遅くまで残ってしまった。
Mimiさんのピアノで「Killing Me Softly」をセッション、とか考えてみたらとても贅沢!

その良い流れを組んでのキンムギーズのライブ。
今回は選曲も70年代ソウル、ファンク、ロックに特化したのも良かったと思う。
単なるカバーバンドじゃなくて、こだわりをもった選曲になった。
涼さんをフィーチャーしたサンタナの「哀愁のヨーロッパ」や、佑介くんをフィーチャーした「Pick Up The Pieces」なんかも
全体のセットリストの中でスパイスになってて良かった!

共演のHay Amorもさすが!熱海でやったら一晩で100マン稼げるなんて声もあがっていたが、
ほんと良い意味での大衆芸能というか、スナックをトッシーはやったらすごい流行ると思うよ!
本家ギタリスト、涼さんを迎えてのマッチメドレーにはちょっとグッときた。
なんで、いつか俊ちゃんの「ハッとしてグー」を演奏したいと思った!

終わった後のセッションも盛り上がり、お客様もみなさん楽しんでいただけたようなので、
また是非やろう!

2019/01/13
キンムギーズ Live at nob, Shibuya

setlist

01. Sir Duke [Stevie Wonder] YoSUKEKID
02. Play That Funky Music [Wild Cherry] Freefunk艦長
03. Make It With You [The Meters] Freefunk艦長
04. You've Got A Friend [Donny Hathaway] YoSUKEKID & Yuri
05. Europa[Santana] featuring 小林涼 on guitar
06. You're The Sunshine Of My Life [Stevie Wonder] YoSUKEKID
07. That Lady [The Isley Brothers] Freefunk艦長
08. Pick Up The Pieces [Average White Band] featuring Yusuke on sax
09. Honky Tonk Women The Rolling Stones /The Meters version] Freefunk艦長
10. Stand! [Sly & The Family Stone] YoSUKEKID
〜encore〜
11. You're So Beautiful [Billy Preston] YoSUKEKID
12. Hey Pocky-a-way [The Meters] Freefunk艦長 featring Hay Amor

キンムギーズ
YoSUKEKID (vocal, keyboard)
Freefunk艦長 (vocal, guitar)
小林涼 (guitar)
荒木佑介 (saxphone, vocal)
Yuri (bass, vocal)
大塚あい (drums)



2019年1月7日月曜日

Hello, It's a New Year

2019年が幕をあけた。
今年はどんな年になるだろうか?

公私ともに忙しいことは色々な予定ですでにわかっている。
あたりまえのことだけど健康に気をつけて、乗り切っていこう。

世界も激しく動いている。

音楽の世界では、1969年というロックやジャズの激動の年から50年後なので、
きっと色々な企画やリリースがあるんじゃないかと期待。
ざっとあげるだけでも
ビートルズ「Abbey Road」
ストーンズの「Let It Bleed」
マイルスの「Bitches Brew」
スライの「Stand!」
などなど。

年末年始は結局31日から1月2日までの3日間だけ休みだったので、
ちょっと短めだが、それでもゆっくりと出来たし、
近所の神社に初詣にいったり、最寄駅のデパートのセールをちらっとのぞいたぐらいで、
ほぼ、家でゆっくりと美味しいお酒とご飯で過ごしてた。



↓美味しいスパークリングワインと、美味しい食べ物。最高。



テレビは「孤独のグルメ」が京都・名古屋編で面白かった。

あとは何といっても紅白歌合戦。中盤からの流れは素晴らしかったように思う。
個人的にグッと来たのはMISIAの「包み込むように」、椎名林檎と宮本浩次のデュエット。
そしてラストのサザンにユーミン飛び入り、の流れ。
ユーミンもバックのミュージシャンの皆さんが最高すぎて、さすが紅白!と思った。
娘の好きな米津玄師もすごく良かった。現在の音楽シーンを牽引する若手の最前線がちゃんと評価されていたし、
気がつけばSuperflyやMISIAなどが実力派として支えていて、とてもバランスが良かったと思う。

今年の抱負としては、
兎にも角にも健康第一!
そして曲を作りまくるぞ、と。
FREEFUNKはとりわけ新しい曲を続々と作っているので、アルバム2枚分ぐらい作りたい勢いだ。

今年は前半はライブは少し抑えめだが、まずは1月13日には渋谷nobでキンムギーズでのライブ&セッション。
今回は70年代ソウル、ファンク、ロックに絞った選曲でかなり面白いことになりそう。
是非みなさん観に来てね。



nob企画バンド「キンムギーズ!」。
年明け1発目のライブイベントです!
今回も前回好評だったHay Amor(アイアモール)が対バンですよ!
キンムギーズ!、アイアモール、2組の共演をどうぞお楽しみに!!

※ライブ終了後はセッションタイムです!奮ってご参加ください!!

【キンムギーズ!】
YoSUKEKID(Vo. Key)
小林涼(Gt)
Yuri(Ba)
大塚あい(Dr)
荒木佑介(Sax)
FREEFUNK艦長(Gt. Vo)

【Hay Amor】
tossy(Vo)
you-ta(Key)

日時 1/13(sun)
時間 open 18:30 start 19:00
料金 ¥3,000(+1drink order)
会場 shibuya nob
https://shibuya-nob.com/

お問い合わせはinfo@shibuya-nob.comまでよろしくお願い致します。