2020年1月21日火曜日

AI美空ひばり

昨日のサンデーソングブックで山下達郎さんの「冒涜です」の一言が
なんだか大きくニュースに取り上げられている。
AI美空ひばりの是非について、自分も思うところがいくつかある。

紅白の前にNHKが放送をした番組も観ていたのだけど、
ボカロとしてのAI美空ひばりは、なかなかの出来だと感じた。
ただ、どこか機械的というか平坦で、人間の持つ複雑な表現力には全然追いついていないとも思った。

もっと顕著だったのはCGによる動画で、これはちょっと不気味に感じた。
いわゆる「不気味の谷」の現象だろうか。
細かなちょっとした表情やしぐさの動きや、生身の人間の持つ生命力がまるで感じられなかった。

もしかしたら、歌声だけを「未発表曲だよ」と聴かされていたら、
「へえ、こんな未発表曲もあるのか」と素直に受け止めてしまったかもしれない。

間違い無いのは、こうした技術はこれからどんどん進歩を遂げて、
かなり近い将来には相当なレベルでの再現ができるようになること。
「表現」ではなく「技術」は確実に進歩を遂げる。

冗談抜きで、近い将来には「AIエルビス・プレスリー」とか「AIジョン・レノン」が作られるのかもしれない。
歌に限らず「AIホロヴィッツ」とか「AIビル・エヴァンス」などもいずれ登場するのではないだろうか。

そうなってくると、今生きているアーティストたちは、
死後の自分をAIとして”再生”させるのかどうかも、
あらかじめ生きているうちに決めなくてはいけないのかもしれない。
場合によっては、膨大な未発表曲とともに、
AIで再生され続けることを望むアーティストだっているのではないだろうか。

先のNHKの番組では、往年のファンだった年配の女性たちはみんな
「ひばりちゃんにまた会えた」と涙していた。
つまりAIに心を動かされていたということだ。

AI技術の先にはクローン技術もいずれ実用化されてくるんじゃないだろうか。
中国あたりではもうクローン人間の開発実験をやっているようなので、
それはまさに人間の一線を超えてしまったものだ。
クローン・ビートルズなんてのがいつか出てきて全世界をツアーする、なんてこともあるのかもしれない。

自分はそんなものを観たいと思わないし、自分自身もAIやクローンで残りたいと思わない。
しかし、技術の進歩や技術の転用・悪用は止められないのが事実だ。
またそれでももう一度会いたい、もう一度歌を聴きたい、と思う人たちがいるのも事実だ。






2020年1月14日火曜日

Recording & Live

先週末の3連休はレコーディングにライブにと、
色々と予定が続きなかなか忙しかった。

録音はようやく此処まで来た!の桃花歌入れ。
3曲のリードボーカル録音と、1曲のコーラスを入れた。
リードボーカル曲のうち2曲はまだライブでも演奏したことのない新曲で、
雰囲気をつかむのはちょっと大変だったかもしれないけど、さすが桃花!
いい感じに歌を入れてくれた。

この日はすっぴんだそうで、顔出しNGにつき後ろ姿のみ!



歌入れはいつも吉祥寺でやることが多いので、終わった後は打ち合わせも兼ねて
久しぶりに名店いせやへ。焼き鳥をたっぷり食べた。
28〜29年前に来た頃から焼き鳥の値段が10円しか上がっていないのってすごい。
此処に来るとその頃のバンドの打ち上げやら飲み会のことを思い出す。





そして月曜の成人式の日は、渋谷nobにてキンムギーズライブ。
今年最初のライブということで景気良く盛り上がってみた。
今回はYuriちゃんの替わりにヨッシーがサポートでベースを弾いてくれたのと、
nobでセッション主催もやっているsueちゃんも参加ということで、歌うのを聞くのは初だった。
本来のユニット、シンクロでは急遽参加出来ずだったけど、いい雰囲気のライブだった。

キンムギーズのセットリストはこんな感じ。

01. Tuesday's Night Squad /Soulive (Inst.)
02. Sir Duke /Stevie Wonder (YoSUKEKID vo)
03. Put It Where You Want It / Average White Band (FREEFUNK艦長 vo)
04. The Jam-Band Introduction / Graham Central Stattion
05. Lowdown / Boz Scaggs (FREEFUNK艦長 vo)
06. Little Ghetto Boy / Donny Hathaway (YoSUKEKID vo)
07. Make It With You / The Meters (FREEFUNK艦長 vo)
08. You Are So Beautiful / Billy Preston (YoSUKEKID vo)
09. Get It On / T.Rex (FREEFUNK艦長 vo)
-encore-
10. Another Star / Stevie Wonder (YoSUKEKID vo)


今回は新ネタが結構多め。
オープニングのTuesday's Night SquadはSouliveの曲。
なかなか忙しい曲だったけど、なんとか乗り切れたかな?
自分の選曲では歌ってみたかったボズ・スキャッグス、そして10代の頃夢中だったT.レックスなど。
T.レックスはとても盛り上がった。

最後はAnother Starをみんなで大合唱で盛り上がった!

↓sueちゃんが撮ってくれたライブの写真。



↓最後はプレイヤー、シンガーみんなで集合写真!

2020年1月8日水曜日

まずはキンムギーズLiveから

2020年最初のライブはここ数年恒例となっているキンムギーズからスタートだ。
1月13日、祝日は渋谷nobにて開催となるライブ&セッション。

なんと去年も1月13日、同じ日にちで渋谷nobでキンムギーズのライブをやっていた。
2年前はゲスト参加という形だったが、パーマネントメンバー入りし2年となる。
今回はいつもベースを弾いているYuriちゃんの代わりによっしぃが参加ということで、
少々、男くさい雰囲気のライブになりそう。
そんなことを意識したわけじゃないけれど、自分の選曲は割と入れ替えてみた。

60〜70年代のロックやソウルの雰囲気がこのバンドにはよく似合うと思うので、
あまりファンクに偏らず、ロックからも選曲してみたので、
是非お楽しみに。

共演にはsueちゃんの歌うシンクロが登場。
一緒にライブするのは初めてなので、ライブ見るのも楽しみだ。

いつもと同じくライブの後にはセッションタイムもあり、
一緒に演奏をすることも出来るので、新年会も兼ねてプレイヤーやシンガーの皆さんにも
参加をしてもらえたら嬉しい。
もちろんライブ自体もシンクロ、キンムギーズとたっぷりと演奏をするので、ライブ見て盛り上がるのもよし。
景気良く2020年を始めたいと思うので、みなさまどうぞ一つよろしく!

01/13/2020 (Mon)
キンムギーズ Live & Session

nob企画バンド「キンムギーズ!」。
恒例の新春ライブイベントです!
今回はシンクロが対バンですよ!
キンムギーズ!、シンクロ、2組の共演をどうぞお楽しみに!!
※ライブ終了後はセッションタイムです!奮ってご参加ください!!

【キンムギーズ】
ヨースケKID(Vo. Key)
小林涼(Gt)
大塚あい(Dr)
荒木佑介(Sax)
FREEFUNK艦長(Vo. Gt)
吉田のりお(Ba)

【シンクロ】
Matthew(Vo. A.G)
Sue(Vo)

時間 open 18:00 start 18:30
料金 ¥3,000(+1drink order)
会場 shibuya nob
https://shibuya-nob.com/

お問い合わせはinfo@shibuya-nob.comまでよろしくお願い致します。